石井進の「もっとランダム」2016

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
WELCOME TO OUR OFFROAD PARADISE !
WELCOME TO OUR OFFROAD PARADISE !
PreRun 2日目です。

今朝も早いですよ~~!!
MOTEL 発が5:45分、たった1チーム総員5名なので「動きは速い」です。
朝食は前日にスーパーで仕込んだ《パンとかドーナツとか・・・》
日本から持ってきたものを部屋食した人も・・・

国道1号を南下すること約3時間15分。7
RM(レースマイル)211のサン・キンティン着。
本番のサポート地点等を確認し、走りの準備
IMG_0127_R_201612020956082c4.jpg
9:23分 福岡・川口が走り始めた。
IMG_0128_R_20161202095610141.jpg

二人を見送った後は、サポートは国道をさらに南下。
RM290、国道で言う所のKM103で二人を待ちます。
売店なんぞがあって、パーキングも広いし、『待つには』良い場所です。
IMG_0134_R.jpg

この時、江連はまだ「絶不調」でした。
時折、起きてきてトイレに行ったり(野●●)、
『ピコ太郎が出てきて「アイハブ ア ペン!♪」とか2回も歌ってんですよ(>_<)』
などと言ってました。熱が下がっていないようです(笑)
IMG_3080n6.jpg

二人は12:42に到着でした。
「特に問題無し!」
順調です、ここまでは(^◇^)
ここで、カップ麺やパン、バナナなどでランチタイム。
IMG_0136_R_20161202095947909.jpg


そして、13;20 再び福岡、川口が出発!
今度はここからRM358まで行って、そこからこRM285にコースアウトをしてまたここに戻ってくるという
ウチ等㊕ルートを走ります。(㊕って言うほどでは無いネ)
このRM358とRM285は《BOWTIE JUNCTION》と言って蝶ネクタイのようになっています。
なので割と簡単に「コースアウトしてコースイン」が出来たのです。Good!!
IMG_0289_R_20161202100430d61.jpg

ループはおよそ80マイル。「荒れたコース」との情報で「3時間30分」を想定。

ンガ!しかし!
物事はなかなか予定通りにはいかないもので・・・(´;ω;`)ウゥゥ
IMG_0152_R_20161202100835339.jpg

16:40分 福岡着(ほぼ想定通りの時間)
  あれ~川口は???
「途中から付いて来なかったんですよ~」って・・・
え~っ!!( ;∀;)
IMG_0159_R_20161202100837664.jpg

福岡はWR450Fにガスを補給しエクストラガスを持ってコース逆走で川口を探しに戻った。
この時点では日が暮れて、対向で走ってくるレーサーはほとんど皆無でした。

イライラしながら待ちました・・
17:45分 やっと戻ってきました!2台とも!!
ウチのCRF450Xに乗る川口がパンク!したんだとの事。
チューブは前後持ってもらっていましたので何とかなりました。
「ウチのCRFはムース使ってないんですよ~、特に要望がない限り(>_<)」

で、積み込みをして、一路エンセナダへ戻りました。
《スーパーフルムーンが綺麗だったな~》
MOTEL着が23:45分でした。(;´д`)トホホ
《一路》ッて、今読んでいる浅田次郎の時代小説です、面白いです!
本当は飛行機の中で読むつもりで持って行ったんだけど諸般の事情で(?)
全然読めず、いま時差ぼけの頭で読んでいます(笑)

《一気》なのかな、一路では無くて・・・本当は。
いえね、リバーサイドからエンセナダ・バハへの移動の話です。
13日(日)我々227xの選手&サポートの5名はFord E350の15人乗りWagon
に2台のバイクを積んで移動しました。(後部シートを3列外してます)

通常なら“のんびり~と途中で「ロブスター・ランチ」などを食し、コロナビールで
のどを潤しながらの移動なんですが・・・・

今回だけは特別です。
オイラの提案で『オーホスまで一気に行っちゃってRM40からRM80までを
PreRunやっちゃおうか!』という意見に227xはスンナリ「喜んで!」応じてくれました。
IMG_0285_R.jpg

IMG_0283_R.jpg

で、リバーサイドのMotelを6:15分に出発!
USA・MEXの国境では「レントゲン検査」という思いもよらない
足止めで30分ほどタイムロスをしたものの、
目的地のオーホスネグロスには11:15分に」到着です。
※レントゲンていうのは車ごと放射線を浴びせて中を見ちゃうという器械です。
オレ達は隔離エリアで待機なんです、「参ったな~」でした。

で11;45分にはPreRunスタートです。
福岡、川口(初Baja)の二人が走りました。
IMG_0108_R_20161130101421c4c.jpg
IMG_0114_R_20161130101423935.jpg

残りの江連は風邪で体調悪し!
サポートはいったんエンセナダに戻り「定宿」にチェックイン!!
そのあと、今度はRM80のお約束地点に向かった。

14:50分、40マイルを約3時間もかけて楽しんだ福岡選手が到着。
少し遅れて川口選手も着。
IMG_0122_R_201611301014244fb.jpg

宿には5時過ぎに戻りました。
何ともハードな一日でしたね~。
でもこれで、明日からのPreRunの予定が立ち上がりました。

通常、Baja1000はあんまりPreRunはやらないんです。
マシンもライダーも痛んじゃうから・・なんです。
今回はベテランで常連の福岡、江連チームなので特別なんです。

でも、翌日からのPreRunはなかなかハードなものになってしまいました(>_<)




今回のBaja1000 Supportは「1チーム」のみだったので若干余裕がありました。
11日にCAのリバーサイドにINした227xの3名は翌2日はモーテルのパーキングに於いて
終日WR450Fの整備。
このWR450Fは「ワタシの記憶に間違いがなければ・・・あるかも?」
Baja500を2回、Baja1000(ラパス)を1回やっています。
IMG_0085_R_2016112913473566c.jpg

エンジンには手を付けていませんでしたが、Fサスとか・・Rショックとか・・・
タイヤ、スペアーホイルなどなど、足回りを中心にやっていました。
IMG_0093_R_201611291347399cd.jpg


彼らは殆ど自分たちでやってしまうので、オイラはあまり手を出すことは無い。
なので、自分の仕事をやってました。
IMG_0091_R_20161129134436e69.jpg

「自分の仕事」と言っても倉庫で保管している久保田・工藤チームのCRF450Xです。
このCRFも3回もBaja500をやっているので、レース中にエンジン始動不良となってしまうようになる。
IMG_0094_R_20161129134437f61.jpg
そろそろやっておかないと・・・・
っていうわけで、
ピストン、ピストンリング交換。
バルブ交換(INはチタンからステンレススチールへ)
をしました。

腰が痛くなるので、ヘッドを乗せたところでやめようと思ったんだけど・・・
WR450Fの整備が長引いているので、ついつい《シム調整》までやってしまった!

エキパイが“こんなん~だったのでエンジン始動まではいかなかったけど
90%出来上がりです。
IMG_0089_R_2016112913443472d.jpg


フロントリムは消耗品!?
ウチのCRFはPreRunで使われることが多い。
だからってわけではないんですが、リムがボコべコです(>_<)
エアコンの効いたモーテルのベッドの上でやってます。
だって、暑かったんですよ~~外は~。
image12w_R.jpg

Pro Wheelと言うところのチープなリムに組み換えです。
$100ぐらいなので多分「ニーハオ」製かな?
IMG_0214_R.jpg
この娘はメキシコ製です(^_-)-☆
(´∀`*)23日にLAXを出て、24日に羽田着。

自宅に着いたのは夕方。そのまま寝ちゃって・・・・
2時には”お眼ざめ“(>_<) 
困ったものだ。
こればっかしは慣れがない。慣れるどころか年々ひどくなる。

歳を取ると、“脳内なんたら“が減少するのだそうで・・ますます
ひどくなる《時差ぼけ》!!

そんななか、26日には早くも『集合!』の声がかけられて、木更津ベースに馳せ参じました。
忘年会を兼ねた
・『Baja1000報告会』
・『福村君 怪奇イヤ快気祝い』・・本人的には『まだだ』そうです。
・『斎藤君 復帰祝い』
などを混ぜ合わせた《飲み会》でした。
image1k1.jpg

image2k2 (2)

久しぶりにお会いする人たちもいて楽しいひと時でした、が・・眠かった(^∇^)

こちらは帰国前夜の二人だけのささやかな“打ち上げ夕食会~(笑)
やっぱり、《肉》でした。(笑)
image2l14.jpg
image1l13 (2)

《ウチ等のBaja1000》が終わりました!

3人とも昨日のシコーキで落ちることなく日本に帰りました。

大きなトラブルもなく、小さなトラブルは多々ありましたが(笑)無事に
走り終え、自宅に帰ることが出来ました。

勿論、良い結果が付いてくることにこだわりが無いと言えばうそになるけれども、
アマチュアなんだから、自分のお金で走っているのだから、
Bajaを思いっきり楽しんで帰ることが出来ればそれはそれで「OK]ですよね。

そう言う意味ではウチ等の3人は楽しんでましたね~♪
IMG_0274.jpg


でも、悔いがないか?と言えば《ある》のだと思う。
悔いのないレース、悔いの無いBajaなんぞ出来るわけがない!とオレは思うのです。
だから、みんな『もう1回!』、 『あと1回は!』と出ているのではないでしょうかね~。

空港に向かう途中の3人の頭の上で、
Bajaと言う字が《バカバカ》と回っているのが見えましたもん(^_-)-☆
IMG_0215_20161123004930b1a.jpg