エンデューロ・ラリー | 石井進の「もっとランダム」2018

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
WELCOME TO OUR OFFROAD PARADISE !
WELCOME TO OUR OFFROAD PARADISE !
まったく、時の流れが速い!早すぎ!

Sonoraに行ってから、もう「ヒトツキ」が経過してしまった!

時差ボケで《ぼ~っ》としてたのが2週間。
どうやら動き始めて2週間・・・・てことですね(笑)

1日(日)に軽くCR250Rに乗って、8日は・・・・・
じゃなくて!(1週間ズレてました(>_<))
8日(日)に軽くCR250Rに乗って・・・
14日(土)はRMZ450に乗りました!です。

お陰様で身体が幽体離脱状態のような~(笑)

疲れすぎると「よく眠れないのです」・・年寄りは(>_<)

若いうちは、疲れると「泥のように眠る」とか申しますが・・・
年寄りは逆です。
眠れないのです。


IMG_1183x_R.jpg
「眠れない」と言えば、
Sonora RallyはStage1からStage3までは“基本”お泊りはBivouac(ビバーク)なんです。
なので我らは事前にウオールマートで安いテントと寝袋を買っておきました。

Bivouacはその日のフィニッシュラインに近い、ちゃんとした(?)砂浜等に用意されてました。
IMG_1952_R_20180416092509f78.jpg
IMG_1184_R.jpg


しかし、ウチ等は都会育ちのいわゆる「シティーボーイ」なんです。
なかなか、テントで寝袋は・・・・。
なので(?)大会前に一応、押さえでホテルは予約をしておきました。(^_-)-☆

結果、Stage0からStage4まですべてのBivouacは遠慮させていただいて・・・
《ホテル泊》とさせていただきました。(^_-)-☆

ウチ等の他にも結構「ホテル泊」の人はいましたよ、日本人の我らだけってことではありません(^^)/

事前に主催者側から「Hotelのご案内」がありましたので気持ちよく従った次第です。
ま、ホテルと言いましても・・・
Stage0(スタート地)とStage4(フィニッシュ地)は別として
他はモーテルですから・・・・壁はコンクリートブロックの積み上げ、天井は発泡スチロールなんて部屋もありました。
IMG_1142T_R.jpg
(寝袋はベッドの上で使うって方法もあります(^_-)-☆)

・ま、それでも腰が沈み込んでしまうとは言えベッドだったし、水しか出ないとは言えシャワーはあったし、
ウン〇が流れないとは言えトイレは付いていたし・・・ライダーは勿論、サポートも疲れを癒すことは出来ました。
IMG_1948_R_2018041609250835a.jpg

Darren Skiltonさん、このラリーのオーガナイザーです。
BajaにもDakarにも出場経験を持つ根っからのオフロードガイです。
IMG_1786_R.jpg

Darrenさんが首に巻いている「襟巻」(エリマキ)・・・・レジストの時にTシャツや、帽子と一緒に売ってました。
正直「ダサい~~」と思いました。(^◇^)
IMG_1932_R.jpg

でも、ラリー後半には「意味が分かりました!」(>_<)
首が焼けるんです・・・エリマキがあると良いんです・・・首の日焼けに(笑)

あと、判んないのが、この“記号!”です。??最後まで意味が判りませんでした。
『Sonoraの先にはDakarがあるんだからなんでしょうね』
IMG_1120_R_201804070905334bd.jpg
ま、ボクは走ってないので特に問題は無かったんですが・・・・サイトーさんは大変でしたでしょうね。
こんな《単語帳》みたいなものをくれたんですが・・・オジサンには覚えられません。(´;ω;`)ウゥゥ
IMG_1121_R.jpg
また、一部コース変更等があった時に説明をしてくれる「担当者」がフランス人(たぶん)なので英語の訛りがあって
ヒヤリングが難しかったです。

笑っちゃったのは、アメリカ人同士にの会話で『ここから12キロメーター・マイルなんだよね』とか言って、
キロの後にマイルが付いちゃうと言う、訳のわからない距離感になってしまってました(笑)

ちょうど、ウチ等が「尺からメートル」に変わった時のようでした(>_<)
IMG_2231T_R.jpg
このラリーは「ラリー競技」としての位置づけは「入門用」なのかな~・・・・

ボクはラリーと名の付くものは「アジアクロスカントリーラリー」と言うのに3回ほど出場した経験があります。
コマ図を見ながら読みながら走る点においては「同じ」だが、走るロケーションや運営においては大きく異なります。

sonora_rally_2018_day_1-3.jpg

『いつかはダカール!』とまでは言わなくても・・・
本格的なラリー競技の出場の「入門用のラリー」としては「結構良いんじゃない!」と感じました。

今回、日本から”ひとり”出場することになったサイトーさんが「このラリー興味あり!出ませんか!」と言ってきた時は、その気になってましたんです「本当です」(笑)
IMG_1913_R_20180406085105a7a.jpg

エントリーフィーは2.575ドル=約¥283.250($1.=\110)
ビバーク地での食事代(朝・夕)150ドル、
プラス スタート地点とフィニッシュ地点のホテル代がプラスになりますが、
アバウトですが、3000ドルで出場可能になりますね。

もちろん、ラリー用バイクの準備は必要になります。
これもレンタルでCRF450XやKTM450があります。
およそ4000ドルぐらいで現地にバイクを運んでくれて、フィニッシュ地点で回収。
毎日、ガス、オイル、タイヤ等のフルサービス付きです。
IMG_1771_R.jpg

諸々入れても100万ぐらいで収まりそうな・・・・(^_-)-☆
IMG_1139D_R.jpg
今回、サイトーさんが使ったオートバイはCRF450X。
Baja1000、Baja500とで酷使した2012年車です。

アクマ谷に在住している人にエンジンのオーバーホールをやって貰いましたのでバッチリ!です。
タンクはIMS製のデカいのを付けました。
タイヤはMaxxcross Desert ITを前後に、ムースはNitoronです。
IMG_1102_R_201804051040005bd.jpg


ラリーに使うオートバイは基本的にはBajaなんかで使うCRF450Xと変わらないのだが
それ相応の装備を取り付けなければならない。

こんな感じ(^_-)-☆
IMG_1873_R.jpg
右上はICOのラリコンRallye MAX-G GPSを使いCAP compass heading displayなんだそうです(>_<)
これは取り付けてないとダメなんです。
rallye_max_g_angle_front_600x1600.jpg
左上は
メードイン ジャパ~ン RC-7
rc_7orange_white.jpg
そして、今まさに親指を添えているのが今回「取付け義務のあるラリコン」です。
主催者かレンタルされます。
RallyComp_OpenWPM.jpg
この「ラリコン」はとてもいろんな機能があったりするんですが、ボクはほとんど理解してません(ライダーじゃないので(^^)/)
Scoreで使っているSttelaと機能は似かよって否なるもの?

で、これらがちゃんと作動しているかをチェックするのが車検です。
IMG_1752_R_20180405103218461.jpg
車検では「衛星携帯」を持っているか?もチェックがあります。衛星携帯は持っていなければダメなのです。
その他はまったく「見ません」アメリカンです(笑) 
IMG_1743_R.jpg
IMG_1745_R.jpg
こんな感じのCRF450XやKTMをレンタルしてくれるところもあります。
IMG_1763_R.jpg
日本からの参加だったらレンタルが良いですよね~。
IMG_1762_R.jpg
やっと、朝4時まで眠れるようになりました(^_-)-☆

もっとも、夕方から8時ごろまでの間に「ウトウト」と縁側で日向ぼっこをする猫のごとく・・・
寝てしまうので・・・・なかなか時差ぼけは解消しません(>_<)

今回のSonora Rallyはメキシコ本土(Bajaではありません)SONORAと言う地域において開催されました。
拠点となったのはアン・ルイス・・じゃなくて《San Luis Rio Colorado》と言う街です。

ここはアリゾナ州ユマとボーダーを隔てた「隣町」みたいな場所にあります。
思ったより町は綺麗でお店も沢山あり、Bajaにある町のようなゴミの散らかった雑多な感じはしません。

受付となるホテルはARIZA HOTEL とこれまたBajaとは比較にならない綺麗なホテル。
IMG_1749_R_20180401084645932.jpg
※なんせ、初めてのラリーだし、初めての街だし・・・・もし、次回行くことがあればもっとチープなホテルも選択可能です
 ただ、オフィシャルホテルなので利便性はとても良いんです。

ここに3泊してStage1以降は南下していくわけです。
IMG_1123.jpg

San Luis Rio Coloradoでは普通にきれいなレストランでメキシカンを食することが出来ます。
勿論、ホテル内にもレストランはあり洋食(?)、メキシカンが食べられます(やっぱり高いですが☺)
IMG_1092_R.jpg

このラリーではStage 1、2、3、4は3回の朝食と4回の夕食が提供されます($150/1人払ってます)
Stage1&2 EL GOLFO(夕食)
IMG_1845_R.jpg
IMG_1848_R.jpg
ま、そんなに大したものは出ないです・・(笑)
Stage3
IMG_1137_R_2018040108595082f.jpg
ビールは別途有料です(^^♪
IMG_1126_R.jpg
で、日本人としては《レトルト・・インスタント・・食品》と言う強力な武器があったりするんで・・・(笑)
IMG_1101_R_2018040108594541f.jpg
IMG_1095_R_201804010859440e7.jpg
部屋食や砂浜でカップ麺なんて時もありました!我々サポートは待ち時間がたっぷりあるので、
プロパンコンロでお湯を沸かし、マルちゃんやペヤングなどを食しましたです(^_-)-☆