Asia Cross Country Rally Day3 | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
アサ~!
起き抜けに、
同部屋のサトー君が「今日はお休みします」と言った。
サトー君は昨日ホテルに帰ってきたのが夜10時過ぎだった。

だいぶ疲労が溜まっているようだ。
サトー君が『レースを一日キャンセルして休養、バイク整備をする』ってことなら、
「オレもそうするかな~、オレもだいぶ疲れているし、後半を楽しむなら、
今日休んでおいた方がいいよな~」

ってんで、簡単に“同意”

先生に『オレ達、今日はキャンセルするよ、先生は?』
と聞いたら、先生はニヤリと笑って『オレは行くよ!』とあっさりと言ったものだ。

てっきり『じゃ~オレも休むよ~』と言うものと思っていたオイラは、
ちょっと肩すかし、『えっ!?』って感じ。

でも、レースに取り組む考えは人それぞれ、「先生、頑張ってね!」
(この時、先生があんな怪我をするとは思ってもいなかった)

2日目と3日目は此処、サケオと言う町に泊まる。だから、本日はホテルを出発して
同じこのホテルに戻ってくるわけだ。
7:30AM4輪からスタートして行った。
SSが226.46km
移動が173.58km 長いな~。

皆さんをホテルでお見送りした後、バイクの洗車に行った。
雨が多く、ダートが多いので洗車屋さんはそこここにあるようだ。

若い夫婦でやっている洗車屋さん。
キレ~イにしてもらって100バーツ 「や、やすい!」
IMGP1434_R.jpg


ホテルに戻り、KTM350とXR400の整備
エレメントを換えたり、チェンを調整したり・・・
お昼ごろには《マシン整備終了》 『これで明日は~!』
IMG_0080_R_20120825111735.jpg


お昼はタクシーで近くのショッピング・モールへ!
(タクシーと言っても、ツクツクですが)
今回、“初フォー”を賞味。
IMG_0074_R.jpg

ここいら辺りは観光地と言うわけでもないようで、特にこれと言ったモノはない。
英語は全く通じません。逆に日本語の方が通じたりして・・・オネ~さんには!?

そんなこんなでホテルに戻ってみると、
????なんで先生のハスクが・・・
置いてあるの????

大会関係者に聞いてみると「先生は怪我をして病院に行きました。もうこちらに戻ってくるでしょう」
との事・・・ガチョ~ン!!

やっちまったか~、先生ちょっと張り切り過ぎだったな~。

そこから、延々先生の帰りを待つ。
本当は「マッサージでも行くか~」ってサトー君と言ってたんだけど・・・
先生が心配なので待った。待つのは辛い。

そんななか、
川渡りやら、ヌルリンコやらを走り切ったライダーや車が戻って来た。
カンボジアのCRM250ARに乗る,《パッション・Koun》君も元気に戻って来た。
IMG_0085_R.jpg


そして、陽が落ちたころ、やっと、先生が帰ってきた。そんなに重症ではないようだ。元気だ!
腕の裂傷と肩のヒビ・・・だけ!?
IMG_0107_R.jpg


バイクは現地の人にお願いして運んでもらったらしい(2000バーツ支払)

先生はしきりに、怪我をした時の様子を大きな声で、説明してくれる。
まだ、テンションが下がっていない。

話を要約すると、
『右に曲がるタイトコーナーで曲がりきれずに飛び出して切り株にぶつかって田んぼの中に落ちた』 
らしい。

マップが無いので、前車の背中を見ながら走っていたわけだが、コーナーなどの減速が
若干遅れてしまう。ほんの1秒か・・・もっと少ないか・・・
それだけで、コーナーの進入速度が速すぎて曲がりきれなくなってしまうのである。

オレも2~3回オーバーランをした。ブレーキをかけるとバイクは曲がらないし、
「オットット~」となるんである。危ない、危ない。

『次回出るならマップを付けて走りましょう!』と川崎の病院で誓い合ってきたオヤジ2人
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1263-34c35363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック