Asia Cross Country Rally Day4 | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
さ~休養充分だ~(!?)
いよいよ今日はタイからカンボジアに入る。

7時にホテルから4輪、2輪コンボイでカンボジアのボーダーを通過する。
アメリカ⇔メキシコは何度も経験しているがこちらの地区は初めて。
要領が判らないのでコンボイから置いて行かれないようにしなくてはいけない。
IMGP1438_R.jpg


何度も止まったり走ったり、書類を出したり、スタンプを貰ったり・・・
こんな時、XR400のキックスタートは
とても不便。エンジンは調子が良いので“かからない”ことは無いのだが、
「ちょっと焦る」汗、汗、汗。
《正面に見えるのがカンボジアイミグレーション》
IMGP1443_R.jpg

《タイ側から77kmを走ったところで、本日のSSに無事到着》
IMGP1453_R.jpg

《地元の人たちがドッと集まってくる、真ん中の人はカンボジア人ではありません》
IMGP1458_R.jpg

こんな田舎でも(失礼!)みんな携帯は持っています。田舎だから逆に必需品なんでしょうね。
IMGP1470_R.jpg


《そして、173kmのSSがスタート!》
IMGP1468_R.jpg

オイラとサトー君は前日、お休みしているのでビリからのスタート。
カンボジアのコースは殆ど平坦で、田んぼや川の横を走り、時々部落を通り抜ける直線が
多いコース。参ったのは一般の未舗装路を使うので「路面が凸凹」穴ぼこだらけなのだ。

油断をするとフロントから穴に突っ込んだり、リヤーを穴で跳ねられたり・・
まるで、昔の府中街道。よくベンリー号やドリーム号が前転してました。

穴を避けながら走る。地元民のカブが走るラインをトレースしていれば“飛ぶ”
心配はない。でもそれだと遅い! 
オイラの'02XR400Rは残念ながらこう言う所は得意ではない。
無理をして突っ込んでいくととんでもない動きをする。
怪我はしたく無いので「慎重に飛ばす」のだ。

しかし、リザルトを見るとカンボジアチームが速いね~、アベレージスピードが
94.11km/h!!(本日1位)
日本人トップの松井君(CRF450X)が89km/hなんだから・・・

なんとか、173kmを走りきってアンコールワットに到着。
『今日は腕に来たな~』
IMGP1487_R.jpg

《アンコールワット前でお土産を売る少年、ランチかな?》
IMGP1491_R.jpg

《ホテルまではマップを持っている人たちと一緒に帰ります。お世話になりました》
IMGP1556_R.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1264-d613e583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック