8年ぶりのLapaz ⑤ | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
さて、さて、とりあえず350マイルは走ったわけだ。

ま、今のところ、アクシデントは無いし、疲労度もそこそこだし、
ペースが若干遅いけど『ジュンチョ~』ですね。

我々は次のサポート地点であるRM531(レースマイル)に向かった。
時間は10:40PM
気温も下がり、辺りは闇です。
夜の運転はシンゴ君が担当。オレは「夜、まるで弱い朝丘雪路なの」です??

交通量もめっきり減った国道1号は「暗い、危険、寂しい、わびしい」。
そんな時、我がサポートVanには《IT器機》?と言う強い味方があったのです。
IMG_0160_R_20121203101950.jpg

メキシコで使える《waiwaiローター》にスマホを繋ぎ、なにやら「コチョコチョ」すると、
「あ~ら不思議!」
坂本冬美の《暴れ太鼓》がドドン!と鳴り響くと言う、まったくもって、オイラには
理解不能な出来事なのです。

理屈は分からなくても冬美ちゃんのメドレーを聴きながらの移動は「全く快適」でしたね~。

それに、今回サイトーさんはSatellite Phone(衛星電話)なるモノを持ち込んでいた。
これをライダーが一つ、サポートが一つ持っている訳で、「何かあった時の連絡手段」としては
現在考えられる、使用できる最上級のモノではないだろうか。

※日本から出場するチームとしては是非とも「推奨」したいモノです、これは。

さて、ライダーはRM350を出てから次のRM531まではおよそ180マイルの「夜の一人旅」なわけだ。

うち等は国道をおよそ230マイル。5時間ぐらいかな~。
夜だし、暗いし、道は良く曲がるし、スピードは「昼は70Mil/H,夜は60Mil/H以上出さない」との
出発前の約束があるので、ゆっくりと走る。

2時間ほど走ったところで、《ミリタリーチェックポイント》に遭遇!
写真は昼間のチェックポイントです(撮影禁止なのだ)、
上下する車両を止めてステッカーやTシャツ、帽子などをおねだりするのが本来の目的ではない。
クルマの中の荷物検査をする。大麻や覚せい剤の取り締まりが主な検査の目的と聞いた。
IMG_0277_R.jpg

古タイヤなどでシケインを作り、「全車停止・検査」をする。兵隊は肩からAK-47銃を下げている。
離れた所にいる兵隊は銃口をこちらに向けている。

我々も、指示に従って停止、兵隊の質問にヘラヘラしながら答える。
「バハミル ノ サポート ヴィークルです。ハポンカラキマシタ」
全部日本語です。大体これでOKです。

ん!?、そんな時、兵隊に交じってCRF250Lと女の子らしきライダーが・・・
良く観ると、スタートラインで元気に笑顔で手を振っていたShiono嬢ではないか!

「なんで?ど~して?」
クルマを降りて「ど~したの?何をしているのこんなところで?」と職務質問をした。

彼女は兵隊に貰ったという、パンを頬張りながら右手にオレンジジュースを持って
、なにやら意味が良く判らないことを言っていた。

「Bahia de Los Angelesから国道を走ってきた」
などと言っている。

いずれにしても、若い女子がこんな夜更けに、こんな所に居てはいけない。
兵隊だって、
「親切にしてくれました」と言っていたが、若い兵隊だし、抑圧された生活をしている
連中だし、何が起きるかわからない。

当初、不純異・・・での職質のつもりだったが、それは無いようなので
《東京都青少年育成条例》違反の容疑で“補導”CRFは没収と言うことにした。

Vanに彼女を乗せ、CRFも積み込んだ。

クルマの中でさらに事情を聴取すると、80kmぐらい離れた所に『保護者がいる』
と判った。

こちらとしても、保護者がいるなら、それ以上の処置は考えていない。
運よく、保護者達と遭遇できたので本人、およびCRFを引き渡した。

やれやれ、大事なくて良かった、良かった!

さて、その後RM531のレースコースと国道が交差する所には4:00AM頃に着。
チョット車の中で仮眠を…と思っていたが、時折やってくる、バイク、車の音に
寝ていられない。

Vanをコースが良く見えるところに移動し、パトライトや作業灯を点灯し、サイトーさんを
待つことにした。
IMG_0177_R_20121203112212.jpg

IMG_0180_R.jpg

そして、夜が明けた!
『朝だ~』カップヌードルの朝食を食べて食後の「一休み」の時に、サイトーさんは
帰ってきた!

バイクも本人も「特に問題は無し」の様だ。ただ、やはり相当疲れている。
軽い朝食(ヌードル)を食べて貰って『10分だけ寝て良い』と言った。
その間に、バイクを点検。ヘッドライトをダブルからシングルに変更。
バイクも特に痛んでいる所は無かった。
「10分」と言ったら、本当に10分で起きた。
きっと神経が高ぶっていて眠れはしないのだろう。オイラも経験がある。
目を閉じるとサンドの路面がザ~ザ~と流れていて眠れないのです。

そして、「カラ元気」を出して、再びサイトーさんは出て行きました。
次はRM617だよ~ん!しかし、もう24時間も走ってんだよな~。
IMG_0183_R_20121203112214.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1310-5debb09d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック