Baja500 PreRun | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
「そろそろ」って言うか、「やっと」だね、
「Baja500を書いておかないと」って気になったので、
忘れないうちに書いておきましょう。

5月28日
ホテルを7時に出発。
3台のCompetitor's CRF450xとオレのCRF450X(PreRun用に貸し出し車)
計4台のCRF、サポートのピックアップトラック2台で国道をOjos Negrosまで移動。

AM8:00, RM41からレースコースを走った。
Veteran唐沢を先頭に4台のCRFが気持ちよさそうに走り去る。

1時間後、RM77.7の国道上で待つこと約20分。
4台が何事も無く到着。とてもスムーズな出だし。

この後は、国道の北に入って行き、サミット越えとなる。
燃料と水と・・・とても大事なことです。

AM9:15ライダーを交代し4台CRFが出発していく。
我々サポートはRM101のNuebo Junctionに向かう。
このNueboでガス&水&エネルギーの補給をしておかないと・・この先は
我々では手が届かないところになるから・・

Nueboはサポートカーが入って行く道路(農道)が田畑の開発によって通行できなくなっていた。
一部、レースコースを走りNueboに着いた時には4台のCRFはすでに到着していた。

ここはJunctionと言うくらいだから交差点になっている。
と言っても、角にタバコ屋があるわけではないし・・標識も信号もあるわけが無い。
初めてならば、「ス~ッと」通り過ぎてしまうだろう。IMG_0063_R_20130622090433.jpg
問題はここが、今回はスポーツマンクラスとプロクラスのコースがY路で分かれることにある。
左に行けばProでサミットに向かう。
右に行けばSportsで直ぐに国道に出てしまう。

サポートは4台を送り出した後、急いで国道に戻る。
しかし、レースコースを一部逆走し、ダートを走って国道に戻ったのは4台がサミットにさしかかった頃だろうと思う。

その後、シンゴのサポートカーが『ラグナサラダ』に向かった。
RM162 ここでガス&水の補給をする予定“だった”・・・そう、だったのだ。

しかし、我々はこの後、思わぬ《ハプニング》に遭遇することになる。
アクシデントではなかった。でもBajaでは一歩間違えればハプニングが、
アクシデントになりかねない。

この写真、《Baja Pit》から送られてきた「Baja Pitsのサポート位置を示す地図」です。
IMGP1732_R.jpg

今回、事前にBaja pitsからは何の連絡も無かった。
いつもなら、「PreRun時にラグナサラダで砂漠のオアシス・サービスをやっているから寄ってね!」
なって、メールが来るんだけど、『今年は無かった』

変だな~と思っていたんだけど・・・あとで気が付いたのは、
当初、おれ達は3チームとも「スポーツマンクラスにエントリー」をしていたのだ。
スポーツマンクラスはサミット、ラグナサラダには行かないのだ!
「だから、何の連絡も無かった!」のだ。
しかし、クラス変更の連絡はBaja Pitsにもしてあったのだが・・・・

そして、サミットに向かうライダーに
オイラは『ラグナサラダのRM180をチョイと過ぎたところにシンゴが待っているから』と
上のBaja Pitsの写真を見ながら「おっしゃったのだ!」

ローガンのオイラはここで『160と180見間違っていた』のだ。
これは紛れもなくオイラの『ローガンなミス!』

しかし、この時、4人とも、誰も『イシ~さん、160の間違いじゃないですか?』
と言った人はいなかった。

誰も、Baja Pitsの地図を把握、あるいは目を通してはいなかった・・・のでしょうか?。

サミットを超えラグナサラダに入った4台は『いないと思っていた』BajaPitsを見つけ、
「きゅうけ~い!」をし、冷たいものを貰い、サインをし、ピースをして立去ってしまった。
「ガスを貰わず」にだ。

なぜなら、RM180にシンゴが待っているとまだ思っていたからだ。
そのシンゴは出発の遅れから、RM160に到着したのは4人が出て行ってから15分後の事だった。

コースはこの後、シルトやガレガレのコースになる。4人のうち3人は経験済みのはず。
そんなところにサポートカーが入ってくるはずがないことは走り始めて気が付いたはず。

しかし、「いまさら戻れない」だったらしい。

そして、3台がRM185付近で『ガス欠!』してしまった。
506xのみがエコランでなんとか、ギリギリでRM203のBoregoと言う国道とレースコースがクロスする所までたどり着いた。

我々はその前に409xからの衛星電話で『ガス欠!!』の方は受けていたので、
506xに“休む間も与えず”ペットボトルにガスを入れバッグで背負い、再びコースを逆走してRM185まで行ってもらった。
《気温45度、湿度限りなくゼロ》である。

ま、大事には至らなかったので「ヨシ」です。
『Bajaではガスと水は命の次に大事なモノ。ソコにあったなら、とりあえず貰え!買え!」が鉄則です。

PM4:00 全員集合
そして、今夜の宿である「Mike's Sky Ranch」へ向かったのでした。
「ア~、ビ~ルが美味い!」

PreRun1日目終了!
コメント
この記事へのコメント
そうなんですよね~。
 イシイさんが 180と言おうが 480と言おうが ラグナサラダは あそこなんですよ!
またやってしまいました(涙)
2013/06/22(土) 16:38 | URL | せんせい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1415-97a2abdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック