オレの名前はマロン! | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
「私の名前はジョージ」って書いたのは22日、月曜日だった。

イギリス王室に誕生した男の子の名前が「ジョージ」と命名されたのが火曜日だった。


もう、Asia XC Rallyまで2週間を切った。
そろそろ走り込まないと・・・・(遅いよな~)

そんななか、火曜日に我が家のマロンが突然、歩けなくなってしまった。
足がブルブルと震え歩けないのだ。

こちらもビックリしたが、本人も驚いて、ショックを受けていたようだ。

直ぐに府中市の、かかりつけの動物病院へ!
「とりあえず、入院」し、検査、治療をして頂くことに。

水、木、金と面会に行き、少しずつ良くはなっているかのように思えた。

しかし、どうにも、あの狭いゲージの中での生活。
フンも尿も一緒の場所で24時間過ごすというのは可哀そうでならなかった。
で、昨日の土曜日に退院をさせて来た。

先生の診断は《即発性前庭・・・》で、ようするに『メニエル病のようなもので
目が廻りバランスが取れないのではないか』、と言う事だった。

詳しく原因を追究するのなら「MRIとかCTとかの検査をしなければならない」
でも「それには全身麻酔になるので高齢犬には危険すぎる」とのこと。

《自宅で薬による対処療法》を選択しました。
マロンは13歳と8カ月です。

いま、後ろ脚が上手く動きません。
このままでは「寝たきり」になってしまう。
IMGP1791_R.jpg


歩行補助具を使って何とかリハビリをさせて、少しでも歩けるようにしたい。
心配していた『老々介護』になりそうだ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1430-ac922dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック