ライセンス | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
10日から始まる《Asia XC Rally》には
いろいろ「ライセンス」が必要になる。
IMGP1800_R.jpg


このラリーはFIM公認なので、
MFJの競技ライセンスを取得し、
FIMライセンスを取得しなければならない。
(FIMライセンスの発行にはメディカルチェックを受け、
専用書類に医師の署名が必要。お金も手間もかかるのです)


さらに、ラリーはタイ、ラオスの一般道も走る、
国境も通過するので《国際免許証》も要るのです。

で、昨日、“あるべきところ”を探してみたが・・・
「無い!」
いくら探しても無い!

『忘れ物、探し物は高齢者の日常業務!?』なんて言っている場合ではない。

おそらく、「Baja500の時にレンタカーの中に置いて帰ってきたのだろう」
と言うことで探すことを止めた。(探し物をしているとイライラして身体によくないから)

で、今朝、警視庁府中運転免許試験場 に行き、2400円也を支払い
免許証の交付申請をした。

ところが、国際免許の窓口のオジサンは
『イシーさん、あなたは12年の11月に公布した国際免許の有効期限がまだ残っているのだ
から今回は交付できませんよ!』
とのお言葉・・・

「え~、でも、しかし、あの~、昨日から家の中を引っ掻き回して探したんだけど見つからないんですよ」と、
言い訳を「タラタラ」と言った。

しかし、オジサンは『免許証の2重交付になるから絶対だめです』
挙句は『2枚の免許証で犯罪に使用される可能性もある』
なんて言い出した。

ま、若いころのオイラだったら「カッ」となって、啖呵を切ったところだが、
高齢となった今ではそんな事はしない。

なぜ、タイへ行くのか、なぜ国際免許証が必要なのかをじっくりと説明し、
オジサンの(50代後半?)理解を得たのでした。

申請書の裏に、『見つかった場合、速やかに返納します』。
と書いて署名をし、《再交付》をして頂いたのでした。
チャンチャン!♪

さて、これで持って行くもので“忘れ物”は無いよな~・・
コメント
この記事へのコメント
まだ俺青いですね 俺だったら怒鳴り散らしてますね。
2013/08/05(月) 14:31 | URL | まーちゃん #-[ 編集]
まだまだ修行です、はい。
2013/08/07(水) 06:54 | URL | 未記入 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1433-a65dab51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック