A XC Rally Day6 | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
Leg5 SS5 89.65km
本日はタイのUbonratchathaniから国境を経てラオスに入る。
そして、SSのスタート地点まではタイのホテルから126.7kmだ。
IMGP1918_R.jpg


4輪、2輪が勢ぞろいして、オフィシャルの車に先導されボーダーへ。
ラオスへの入国に関しては全てオフィシャル任せ。

パスポートは事前に収集されているので、「ここで待っていろ!」って言う広い駐車場で
ただ、“待つ”
IMGP1911_R.jpg
IMGP1912_R.jpg


1時間ほどで全車入国OK!
その間、我々は入国書類の記入も無し、車両の検査も無し・・・「イージー」でした。

昨夜、マップを貰った段階で、
先生は「お~殆ど真っ直ぐなコースじゃんか!」などと言ってSS5を走る気満々でした。
「まだ傷口から出血しているんだから止めておきなよ~」と言ったんだが・・
人の意見を聞く御仁ではない。

ssのスタートラインではすっかりやる気の先生でした。
《ヒロミ選手を捉まえた先生は・・・ヒロミ選手は聞き上手!?》
IMGP1927_R.jpg


今日は2輪からスタート!
集まった村人の声援に送られて、みんな元気よく飛び出して行く。
IMGP1930_R.jpg
753_R.jpg


ところが8台(#117山田選手?)が出て行ったところで、
突然『警察だ~、おめ~ら、誰の許可を得てレースなんかやってんだ~!』
と、地元警察の横やりが入った。

軍には話が通してあったらしいのだが・・・・
そして、およそ50分の中断、
オレタチ残されたバイク組は暑さで調子の悪くなるものもいたりして
「参った~」です。

IMGP1925_R.jpg

やがて、オフィシャルと警察幹部との“お話”が決着したようで、レース再開!

走り始めて2~3kmで雨が・・・
『なんてこったよ~』また雨です。

でも、本日のコースは「まっつぐ!」なので、時折大きな水溜りはあるが、
快調に走れた。
たぶん、ここまでは・・・40.08kmグニュ、ズボッ!!
「学校」なんて書いておいたが、そっちを見る余裕はなかったですね、「良いラインを見つける方に集中していた」ので。誰かがこっちを見ていたのは確認できていたけどね。
IMG_0002_R_201308301030021a0.jpg


40.08kmを過ぎたあたりから様相は一変し、
川渡り、泥沼、延々と続く冠水した農道(膝ぐらいまでの泥水)
水を一杯溜め込んだ“田んぼ”の中を走っているような・・・・
『ヒエ~、いつまで続くんだ~』
腕は上がり、足はツリ、喉は乾き・・・
「疲れましたね~」

この齢をして、こんなに疲れるレースをやろうとは・・・トホホでござる。
コースミスの心配は皆無だったので、『絶対にバイクを水没させない!』を強く
念じ、深い水溜まりや川渡りは慎重に走った。
そして、なんとか無転倒で単独でSSのフィニッシュに到着した。
(たった1回の給水時、泥濘地帯でバイクを止め左足を付いたら滑って転倒、バイクを起こし、
跨った途端、今度は右足が滑ってバッタン!あの時は自分でも可笑しくなって一人で笑ってました)

SS5は今大会、初のシングルポジション(7位)だった。
このコース、晴れていたら,水が無かったら「面白いコース」だったろうと思う。
68kmのリエゾンも単独走でPakseと言う町のCHAMPASAK GRAND HOTELに着。
トータル走行距離285.06km
754_R.jpg


この頃、先生の身に《とんでもないこと》が起きていようとは・・・

コメント
この記事へのコメント
参りました
好条件のスタートだったのにSSのタイムは負けました・・・
メーターが狂って、学校の曲がるところを真っ直ぐ池(と言うしかないですよね)に突っ込んでいきました。
思ったより深くなかったです。
2013/08/30(金) 16:52 | URL | やまだ #bncAx0zQ[ 編集]
5分の差はSSの前半を気持ちよく飛ばせたからでしょう。

ああいう所は大好きなんです)^o^(
2013/08/31(土) 09:21 | URL | 未記入 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1448-a9131ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック