親指ヒメ?? | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
左の親指の皮が剥けちゃった!
IMGP2202_R.jpg

何でか?って言うと、
昨日、およそ3か月ぶりにHusqTE250に乗ったんだけど、
乗った場所がオフヴィってこともあり、かなり力が入って乗ったんでしょう。

それに、HusqTE250の左グリップ側にはウインカー/ライトSWが付いているんです。
そのSWに親指ヒメは「ゴツンゴツン」と当たっていたんでしょうね、ジャンプで着地する度に・・

やっぱり、エンデューロバイクとモトクロスバイクではフレームやサスペンションに大きな違いがある。
昨日はそれをもろに痛感しました。

スピードが出たり、ジャンプを跳んだりで、かなり《怖さ》感じた。
CRFでは何でもないようなギャップでもEDバイクは「変な動き」をします。

餅屋は餅屋!?ってことですかね~。

で、なんでCRFじゃなくてHusqに乗ったか?っていうと、
CRFは『こんなんです~』
IMGP2195_R.jpg


乗る度にエンジン音が大きくなるので「これはやばいな~」と感じていて、
なんか、《胃に不快感があって、思い切って胃カメラ検査をしたら、あっ、やっぱり!》
みたいな・・・


クランクの大端部のベアリングにガタがありました!
別に、焼けているわけでもなく・・異常摩耗ってな感じでもなく・・・
『ただ、単に摩耗』って状態でしたね~。


むかし、CRがエルシノアと呼称されていたころ、
そう、70年代、80年代初めごろかな~、
あのころのCRはよくミッションのギヤーが摩耗、破損しましたね~。
「ガリガリ~!」とか言ってミッションが爆発したような状態になりました。
多い人で1年に2回はミッションのギヤーを交換しなければなりませんでしたね~。

でも、クランクは焼き付き以外で『ベアリングが摩耗してガタガタになる』ってことは無かったな~。
2ストロークだから焼き付かせたことはありましたけどね。

CRFになってず~っと450に乗っていたので250のことはよく知らなかったけど、
川越あたりのFさん曰く「11年ごろからのCRF250は1年持ちますよ~」とのこと。

それ以前のCRFはクランクが1年持たなかったそうな・・・・
1年間、毎日1時間乗っても360時間。でしょ?

そんなんで、ベアリングが、コンロッドがガタが来ては「まずいでしょう!」

いくらレーサーといえども市販車ですからね~。
70万円もするんだし・・・

と、ま~思わぬ出費で「ガックリ」きている、オジンの愚痴でした~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1528-95c5f63e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック