After Bajaに思うこと。 | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
早いものだな~、
Baja500が終わって早、1ヵ月!

今年はソロで3名のライダーが走りました。
《ソロクラス》と言うのがあるんだけど、あえて、
《スポーツマン》クラスで出場した。
「真正面からの戦いを避けた」ってことでしょうか?
って言うか~、「自分との戦い」をしたかったんでしょうね。

サポートをしてて面白かったのは
サイトー(271x)VSフクムラ(272x)の意地の張り合い(笑)
IMG_1412_R.jpg

あまり、ライバル心を‶むき出し”のレースは無理を生じて、
Bajaでは危険なのだが、
そこは、‶いい歳”をしたオジサンなので、適度な緊張感と集中力と
を維持出来て、むしろ良い結果につながったようだ。
446マイルのコースをフクムラは15:06分でフィニッシュをしたし、
サイトーは15:49分(ペナルティーを加算しないで)走り切った。

これは立派なリザルトです(52歳と64歳にしては・・)
で、もっと凄かったのが、このオジサン。
群馬県前橋市で《モトサウンド》と言うオートバイ屋を経営する唐沢栄三郎です。
IMG_1337_R.jpg


このオジサン、チョイ見(よく見ても)はただのバイク屋のオヤジだが、
元はモトクロス国際A級の選手。
昔々のお話ですが、まだカラサワが10代のころ、全日本選手権モトクロスで、90,125,250の3クラス制覇
(72年、国内B・3クラス・チャンピオン)などと言うことをやっているのです。

Bajaには1987年から出場をしている。
もうベテランだし、現地では「クラサワ」は有名なのである。
当初は1000に出場していたが、94年に500初出場でクラス40で優勝している。
ソロでなのだから凄い。
そして99年にもクラス40で優勝している。
05年にはオレと組んでクラス50に出場し、優勝!!
ま、これは2位を走っていたんだが1位のオニール社長のバイクが現地人のトラップで
リヤーホイルを壊してしまい、その隙に1位になった訳なんですけど・・・ま、優勝です。
そして09年にもオレと組んで走った。この時はゴールした時は3位だったんだけど、
1位と2位が大量のペナルティー(コースカット)を課せられて、オレたちが1位という結果でした。
優勝は優勝なんだよね。

ついでに言うと、2010年オレはフクムラと組んでクラス60に出て、優勝してます。
これは、「1位が失格!」なんてことでは無くて、純粋に優勝でした。

そして,カラサワは今年、ソロで走りました。
レース前、CRFを整備する姿は「ただのオジサン」だったけど、
走ったら、「速かった、タフだった、凄かった」です。
446マイル(約713km)を一人で走って12:2分(ペナルティー加算無し)です。
殆ど休まず、バナナを食べて、水を飲んで、それだけです。

昭和の初めのころに生まれた人は「プロテインとか、アミノ酸」とかのサプリメントなんてものは
摂取しません。
《塩と水に根性》のみです。あえて加えるなら長い年月をかけて培った「技術・経験」ですね。
(あっ、隠れて、「まむしドリンク」とか「凄いやつ」とか飲んでいるかも・・・??)
BajaにはBajaの走り方があるようですから・・・何かを掴んでいるんでしょうね。

そうそう、レースが終わった後に、3人は
口々に「もうBajaはいいや~!」とか、
「もうこれでBajaには区切りを付けたい」とか、
「もうBajaの顔を見るのもいやだ!」とか、
「もうタコスなんか食いたくもない」言っていたんだけど、

1ヵ月たって、『リバーサイドに置いてあるCRFを処分したい』って言ってきた人は
《今のところいない》・・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1577-83c0b762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック