2014 Baja1000 RM215 | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
RM160を「クリヤー」したウチ等(508x&233x)は次に向かった。

ここで気になる無線を傍受!
RM160を後にする時にBaja Ptsの無線が「279xがエンジンをブローして止まっている」と言っている。
「279x!?あらら、林・入来チームだ!」
「何とか修復し、レースに復帰してほしいな~」と思いながら移動した。
IMGP3851_R.jpg


RM215 (Km147)
1x(9:55), 4x(10:02) 差は7分だ~!シビアな戦いですね~。
IMGP3853_R.jpg
IMGP3854_R.jpg

349x(10:08),310x(10:29),701x(11:08ソロのアレキサンダー・スミス)、
そして、ライバルの516x(11:10), 266x(11:16),297x(11:17)
やって来た508x(11:33)です
503x(11:40)と510x(11:41)を抜いて来た!
508xはここでは通過確認のみ。
233xは遅れてます。
282x、269x、247x、298x、202x、259xと通過し、
223x(12:12)が来た!
そしてやっと233x松井到着!12:14でした。
なんと、松井はRM80の手前のフープスで転倒し、左鎖骨を骨折してしまったのだ。
鎖骨を骨折したまんま、ここまで走ってきたのです。
Bajaの場合、『何があっても繋げなくては、レースが終わってしまう』のである。
我慢して走ったんですね~。
オレだったら、「泣きながらエンセナダに帰っていたことでしょう」(笑)

何を隠そう、あのアクマ君だって、92年かな?ラパスに行く途中、ぶっ飛んで
鎖骨骨折!しかも右!そんでやっぱり傾きながら、ガタガタのKX500で薄暗いシングルライトで、
100マイル以上を走って(しかも夜)オイラとの交代地点(サンイグナシオ)まで繋げてくれました。
(アクマの目にも涙!?)

で、233xはここから江連が「挽回だ!」と叫びながら出て行きました。
(508xとの差は41分だ~!)
IMGP3734_R.jpg

508xサポートは次の交代地点であるRM340へ移動したのでした。
しかし、国道1号を南に下りながらの《Race Support》も昔と比べると
楽になりました。Pemexは沢山出来たから、ガスを求めて渋滞に嵌まる事もない。
(したがって時間に追われることもない)
食料や飲み物も手軽に手に入る。ま、距離の長さは変わらないんだけどね~。
IMG_0306_R.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1642-23c973b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック