After AXCR  ㊕ | 石井進の「もっとランダム」2017

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
Leg3 カンボジアラウンドのコースは「行って来い」でした。
これは、前にもリポートしましたね、ハイスピードでの往復コース。

SS3のフィニッシュ地点であるTHMOR DAと言う小さな村の広場、
で全員が(2輪、4輪)揃うまで待たなければなりませんでした。、

全車がそろいSS4のスタートをするにはおよそ3時間ぐらいの待ち時間がありました。
14199483_1133262793421962_5267061087268859531_n_R_201609301815339a6.jpg

時折、ものすごい勢いで雨が降ったりする中、《地雷地帯の観光》をしたり、
売店で麺を食べたり、冷たいものを飲んだり・・・して時間を過ごしました。

そんな中、我らの福村先生は現地の子供たちを集めて「空手の稽古」(笑)
14068202_1165526783509994_1320733431581043849_n_R.jpg


広場の脇に小学校があったのです。
普段目にしたことのないデカいオートバイ、凄い恰好をしたライダー達を目にして
興奮気味の子供たち。
可愛いですね~。
14117977_1133262890088619_2082999913732137981_n_R.jpg

そこには子供たちを心配する学校の先生もいました。
20代・・でしょうね~、まだかわいさの残る女性でした。
カンボジアやタイの女性はオジサンには年齢が良く判りません(笑)


で、我らが福村先生は“なんということでしょう!“
ウエストバッグから財布を出した福村先生は、
「このお金で何か子供たちに買ってあげてくれ」と言って
その《女性教師》に、な!なんと!百ドル札を1枚手渡したのだそうです。
(先生から聞いた話です)
日本語で言ったのだから果たして“おんな先生”が百ドルの意味を理解できたのか・・・)

なんと言うことだ!オイラには
『ホテルの部屋のビールは20バーツ(60円)も高いから飲むな!』とか、
『冷蔵庫の水はただじゃね~んだぞ!!』などと言う先生が、
ひ、ひやくドルも!!

ま、人の弱点を見つけると容赦なくマシンガンを打ち込む先生だけど、
こんな心根の優しいところもあるんですね~( ;∀;)

でも、だが、しかし!!
ラリーが終わった日の朝、
コンボイで国境に向かうべくあわただしく準備をするエントラントやスタッフ達。
そんななか、
City Angkor Hotelのフロントロビーに
スーツケースを手にした“うら若き女性~がひとり・・・・
「あ~あ~やっぱり、“勘違い~しちゃったんじゃないの!?」

その時、バンコクの病院に移送中の福村先生は「そんなこと」知る由もなかったのです。
※このリポートは一部、想像とフィクションで構成しております(^◇^)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://protechsp.blog67.fc2.com/tb.php/1831-ca7e40e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック